蹴球トラベラーの海外サッカー観戦記&チケット購入録

ヨーロッパとアジアを中心としたサッカー観戦記とチケットの取り方を紹介してます。

*

ボルシア・メンヒェングラードバッハのチャンピオンズリーグのチケット(2016年11月23日分)撃沈しました…

      2017/11/20

先日、11月23日のボルシア・メンヒェングラードバッハ(以下ボルシアMG)×マンチェスターシティ(以下マンチェスターC)のチケット購入を試みていました。

リーグ戦はある程度普通に取れるボルシアMGなんですが、チャンピオンズリーグは本格的にどうしようもなかったです。

バルセロナ、マンチェスターC、セルテックとお客さんが入る組み合わせだからなのか、毎回なのかは分かりませんが、とにかくメンバー向けの販売のみで終わってしまって、軽く撃沈しました…。

スポンサーリンク

ボルシアMGのホームページではユーザー登録さえしていれば、メンバー向けの販売状況をタイムリーで見ることができます。

まあ見れるというだけで買えませんが…。

販売開始直後から見てたんですが、繋がった頃にはバルサ戦は既に売り切れでした。

意外とマンチェスターC戦よりもセルテック戦の方が売り切れるのが早かったです。

要因はよく分かりませんが、日本人の感覚とはいろいろと違うようですね。

9月28日のバルサ戦の直前に再販している様子もなかったので、他の2試合もおそらく再販しないでしょう。

UEFA チャンピオンズ リーグで一番人気のチケット

争奪戦に参加することもなく終了してしまったので、チケット業者やチケット売買サイトも見ていましたが、これが意外と高い!

基本的にメインかバックで探すんですが、日系のチケット業者なんて1枚6万円以上もしていました。

ボルシアMG×マンチェスターCには絶対払いたくない金額です。

そんな中でも良さげなとこを見つけました。

 

1つ目はSportsEvents365です。ロングサイドで手数料も入れたら(見た当時で)47,171円。

他のチケットも見ましたが、チケット業者にしてはかなり安いです。

今回初めて見つけたんですが、なんで今まで目に付かなかったのか不思議なくらいです。

 

もう1つはStubHub(旧チケットビス)です。ロングサイドで手数料込みの34,762円。

チケット売買サイトなんで、チケット業者と比べるとリスクは上がるんですが、この値段は魅力的です。

日本にも事務所があって、メールの他に電話でも日本語対応なので、日本人としてはある程度安心して使えるかと思います。



いろいろ考えた結果、ボルシアMG×マンチェスターCを観に行くこと自体をやめてしまったので、結局どちらでも買わなかったんですけどね。

9月14日のマンチェスターCのホームでの同カードの試合では結構空席もあって、この試合で3万円も4万円も使うのは微妙やなと思いまして…。

その日はイングランドまで飛ぶことにしました。

航空運賃やら電車代やらで、チケット業者を使うより出費が増えそうなんですが、まあいいです…。

 

約半月の間、SportsEvents365とStubhubを見ながら検討していました。

半月も費やした時間を無駄にしたくないので、せっかくだからブログのネタにします!

次回からこの2つのサイトについて詳しく書きたいと思います。

 - サッカーチケットの取り方, チケットの取り方(ドイツ), チケット業者・チケット売買サイト, ドイツ