蹴球トラベラーの海外サッカー観戦記&チケット購入録

ヨーロッパとアジアを中心としたサッカー観戦記とチケットの取り方を紹介してます。

*

デュッセルドルフ到着(2016,06,21)

      2018/01/14

ドイツに来るときはいつもフランクフルトから入っていたんですが、今回は初めてデュッセルドルフからドイツ入りしました。

成田ーデュッセルドルフ線は飛行機の機材が新しく、ウォシュレットまで付いていて快適です。

フランクフルトと比べると空港からHbfの時間はそんなに変わらないんですが、デュッセルドルフは空港から空港の駅に行くまでにモノレールに乗る必要があり少し面倒くさい。

しかし、税関はフランクフルトみたいに煩くなくて、今回は税関には誰もおらず素通りでした。

行くとこにもよりますが、入国時はこちらの方がいいかもしれません。

 

Germany,France 2016,6 004

この日のデュッセルドルフでは北アイルランド×ドイツのパブリックビューイングがありまして、ドイツ代表ユニを着た人もちらほら見かけました。

ユーロ2012のときもやっていたので、ドイツ戦のときはドイツ各地でパブリックビューイングをやっているようです。

雨も降っていたので、パブリックビューイングには行かずにスポーツバーで北アイルラン×ドイツとクロアチア×スペインを観戦していました。

クロアチアがスペインに勝ったので、イタリア×スペインの好カードを生で観戦できることになり、かなり感動です。

周りに変なアジア人だと若干奇異な目で見られながらも、全力でクロアチアを応援した甲斐がありました。

スポンサーリンク

夜中に道路を占拠してクラクションを鳴らしまくっている集団に出くわしました。

「ドイツにもアホな奴いてるなぁ~」と思っていたら、トルコ人やトルコ系住民の集団でした。

同日にチェコ×トルコもやっていて、トルコが勝って3位になったようです。

夜中の3時くらいまで鳴らしていたので、リアルに大迷惑でした。

文化の違いでいろんなスタイルがあるんやろうけど、よその国でこんだけ大迷惑やと絶対に摩擦起こってるよな…と思う。

ちなみにトルコは3位にはなりましたが、得失点差等で後日グループリーグ敗退となりました。

あいつらは何をやっとったんや…。

フェンロにクラブカードを取りに行くのと以前の記事をいくつか修正するための写真を撮るので、とりあえずデュッセルドルフで3泊します。

しばらくはドイツのことを書くので、ユーロのことを書くのはまだ先です…。

 - ドイツ