蹴球トラベラーの海外サッカー観戦記&チケット購入録

ヨーロッパとアジアを中心としたサッカー観戦記とチケットの取り方を紹介してます。

*

日本代表アウェイチケットの取り方①

      2017/10/08

日本代表アウェイチケットの取り方ですが、まず日本国内で確保する方法です。

ワールドカップ予選の日本割り当て分のチケットは、ツアーも含めてJFAの公式ホームページでだいたい1ヵ月半くらい前に発表があります。

公式のチケットはいつもJTBと西鉄旅行の2社が取り扱いしています。

2015年10月8日のシリア戦@オマーンを例にとると、8月31日に発表があって9月18日まで受付されていました。

北朝鮮などのややこしい国はツアーのみになりますが、基本的にはチケット単体でも販売されていますので、ここで買えば何の問題もなくチケットは手に入ります。

単体のチケットは、以前はJTBと西鉄旅行とが交代で販売していましたが、最近では西鉄旅行が販売しているようですね…。

こういうのはいろいろと変わるものですので、一応両方とも確認して下さい。

欧州と違ってアクセスの悪いスタジアムも多いので、慣れてないうちに面倒くさそうな国に行く場合は、正直言うとツアーで行く方が良いとは思いますが…

こちらに西鉄旅行とJTBのリンク先を貼っておきます。JFAのホームページからでも結局このページへ飛びます。

西鉄旅行のページ

JTBのページ

少し話は逸れますが、オマーンで開催していた2015年のシリア戦では現地発のバスツアーも販売していました。

中東の国では帰りのアクセスが非常に困りますので、現地ツアーに参加するのもいいかもしれません。

実際にオマーンで試合を見た後は帰りの足がなく、近くのホテルまで歩いて行って、そこからタクシー呼んで帰りました。

帰るまでに時間もかかりましたし、いろんなオマーンサポーターにかなり友好的に弄られ続けましたので、結構疲れました…。

旅の自由度は少し減ってしまいますが、中東方面のツアーは利用価値高いと思いますよ。

スポンサーリンク

話をチケットに戻しまして…

日本割り当て分のチケット販売では買うことができない人も少なからずおります。

①当然ですが申し込んでない人

申込期間がかなり短いので忘れていた人や急に行けるようになった人です。

JFAのホームページでもニュースのところで軽く載る程度の扱いですので、気にして見ていないと見落とします。

②試合開始ギリギリに現地へ着く人

ここで申し込むと、スタジアムでチケットを受け取るのではなく、現地の旅行会社のオフィスやホテルのロビーなどで受け取る必要がありますので、現地へ着いてスタジアムへ直行するような人も取れません。

試合がナイターだとしても、お昼くらいまでには現地入りしておいた方がいいです。

③日本人エリア以外で観戦したい人

日本割り当て分は席が決まっていますので、それ以外で見たい場合は自分で調達する必要があります。



他の方法としては、チケット売買サイトでも扱っています。

国内販売で取り損ねて現地でバタバタしたくない場合は、チケット売買サイトを使うのもいいかもしれません。

ホームの試合がメインなんですが、アウェイの試合もちょいちょいと出ています。

StubHubで日本代表のチケットを探す

viagogoで日本代表のチケットを探す

ロシア 2018 で一番人気のチケット

あらかじめチケットを確保していない場合には、現地で探すことになります。

もちろんアウェイ席以外の席は買うことのできない国もありますが、多くの場合は現地で買うことができます。

日本代表アウェイチケットの取り方②へ続きます。

 - サッカーチケットの取り方, チケットの取り方(その他)