蹴球トラベラーの海外サッカー観戦記&チケット購入録

ヨーロッパとアジアを中心としたサッカー観戦記とチケットの取り方を紹介してます。

*

ロシアワールドカップ期間中のホテルのトラブルについて…

      2018/01/31

ここ数ヶ月、ロシアワールドカップ観戦の準備に勤しんでおります。

ワールドカップもユーロもそうですが、大きな国際大会はチケットだのホテルだの準備が面倒くさいです…。

スポンサーリンク

ロシアワールドカップ期間中ののホテルについては、ホテル側から一方的にキャンセルされたり、当初予約していた金額から突然値上げされたり、キャンセル無料で予約したにもかかわらず先に請求されたり…とロシアのホテルでトラブルが続出しております。

私も全部で39件予約して、先に請求が来たのが3件、キャンセルが5件、値上げが1件…と、約5分の1で問題が発生しました。

このうちのほとんどは組み合わせ抽選後にキャンセルしたので、そのまま予約していたらもっと多かったのではないかと思います。

ロシア 2018 で一番人気のチケット

傾向としてはモスクワ、サンプトペテルブルグなどの普段から観光客に慣れている都市よりも地方の方が問題発生率が高いです。

モスクワでもキャンセルが1件ありましたが、その他は全て田舎です。

観光地でもない場合、リピーターになってもらうとかは考えなくていいので、割とやりたい放題なようですね。

地方都市にとってワールドカップで来る観光客は99%一見さんなので、稼げるときにできるだけ稼いでおこうとっておこうというところでしょうか。

W杯1回、ユーロ2回行ってますが、ホテルの予約でこういう問題が多発したのは初めてです。

こんなのを目の当たりにすると、もともとロシア人というのは契約事に関して後出しジャンケンなんて普通なんだろうなぁ~と思います。

こういう国民性の国と北方領土の返還交渉をするなんて、単なる罰ゲームですね。

北方領土は当分還ってこないかな…。



ホテルの予約サイトによってもいろいろと特徴があります。

予約にはBooking.comとHotels.comを使いました。

Booking.comはホテルから直接連絡があって、特にフォローなしでした。

Hotels.comはHotels.comから連絡があり、同じ料金で代替ホテルを紹介してくれて良心的でした。

まあ代替ホテルを紹介してもらっても、場所が悪かったりして使えませんが…。

ホテルに関しては、いつ問題が発生するか分からない状態ですので、自衛手段を施しておかないといけません。

自衛策とはいってもキャンセル可能な複数のホテルを予約しておくくらいしか出来ませんが、それ以前に現在では良いホテルの無い都市の方が多いですね…。

ホテルに悪いんでこういうことはあまりしたくないのですが、私も1つの滞在につき2件づつホテルをキープしています。

世界中に同じようなことをしている人がたくさんいてるはずので、今はあまり空室は無いんですが、サランスク以外の都市ではおそらく直前に出てくると思います(私がそう読んでいるだけで保証はないですが…)。

ロシアワールドカップ期間中のホテルを探している場合、4月以降はホテルの予約サイトをマメにチェックした方がいいです。

SportEvents365でロシアワールドカップのチケットを探す

Stubhubでロシアワールドカップのチケットを探す

viagogoでロシアワールドカップのチケットを探す

 - ロシア