蹴球トラベラーの海外サッカー観戦記&チケット購入録

ヨーロッパとアジアを中心としたサッカー観戦記とチケットの取り方を紹介してます。

*

タクシーでタイプレミアリーグのスタジアムに行くときの注意点

      2016/09/07

国立競技場やPATスタジアムなどタクシーやモタサイを使わずに行くことができるスタジアムもあるにはありますが、タイでそういうスタジアムは非常に少数派でほとんどの場合はタクシー等を使うことになります。

路線バスで行くこともできますが、初めてタイに来てバスを使って郊外まで行くのは結構ハードル高いですよ。

旅行者にとってはマイナー路線なので路線とバス停を調べるところから始めないといけませんし、何よりバスだと時間がかかり過ぎて、節約旅行でもない限りやってられないと思います。

スポンサーリンク

まず、スタジアムへ行くときだけでなくバンコクでタクシーに乗るときの一般的な注意点ですが、バンコクではタクシーの運ちゃんが道を知らなかったり面倒くさい場合は普通に乗車拒否されます。

右折できる場所が限られていますので、基本的に進行方向と反対に行く場合は乗車拒否されます。あまりにも乗車拒否され続ける場合は道路の反対側に渡ってから拾ってみましょう。それで乗れる場合も結構あります。

 

SANYO DIGITAL CAMERA

次に、当たり前の話でタクシーでスタジアムに行くときには行き先を告げないといけないんですが、これが結構分かってもらえません。

基本的には中心部から郊外に行くわけで、ほとんどはマイナーな場所ですから…。

私は少しタイ語話せるんですけど、それでも一発で通じたのは国立競技場とラジャマンカラ競技場のメジャーなスタジアム2つだけです。

「SCGサンダードームスタジアム」と棒読みしてもおそらく通じないと思います。

…で、いろいろと試してみて見つけた「一発である程度理解してもらえる方法」なんですが…

タイプレミアリーグに行こう!という日本語でタイプレミアリーグを紹介しているサイトがあります。

トップページからクラブ一覧で行きたいチームのページを開きます。

そこの一番下にタイ語の欄がありまして、訳すと「○○スタジアムへ行く」みたいなことがタイ語で書いてありますので、それをプリントアウトして見せるとだいたい分かってもらえます。その同じページにエンブレムも載っているので、併せて見せるとより分かってもらいやすいです。

タイプレミアリーグに行こう!にはスタジアムへのアクセスも書いてあります。さらっと書いてあるだけなので、初めてタイへ行く人には分かりにくいかもしれませんけど…。

各スタジアムのいろいろな行き方が紹介されてますので、参考にしてみて下さい。

タイプレミアリーグに関しては今のところ一番使えるサイトだと思います。

今後タイプレミアリーグの各スタジアムの行き方についても書いていきますが、タイの場合は公共の交通機関だけに拘ると行くのが非常に面倒くさくなってしまうので、「それほど経費をかけず、それほど面倒くさくなく行く」という方向性で書いていきます。

 - スタジアムの行き方, スタジアムの行き方(タイ), タイ